カテゴリ:Greenwich Village( 2 )
雰囲気のあるファサード by g.
 久しぶりに、Greenwich Villageを歩いていると、街のおしゃれな雰囲気と通りを一本入った所にある隠れ家的に見えてきたファサード。

 ドアは、木製。手すりやハンドルは金属製だ。二つあるドアの大きさからも推測出来るように、サイズの大きなドアは車庫用だ。道路環境の悪さから来る、手狭な駐車スペースを建物の一部とする事で、狭い都市部とりわけWest Villageに確保している。
e0101055_8273654.jpg

 よく見ると、建物の外壁から15cmほど離して、金網がはってある。蔓科の植物を植え、時が過ぎていくにつれまた違った顔を見せてくれるだろう。
e0101055_828496.jpg

e0101055_8283150.jpg

 ドアが建物の両端にある事から生まれる中央の空間には、また違った工夫が凝らされている。地番だと思われるが、”THIRTEEN”とくり抜いてある。何気なく通れば気付きもしないだろう。
e0101055_8285845.jpg


 都市部において一戸建ての家を持つ事は、郊外のそれよりも環境や空間へのこだわりが違ったカタチであらわれてくる。やはり、ここはNYC。色々とこだわりを持った人々が溢れている。
[PR]
by newyork_info | 2007-02-21 08:42 | Greenwich Village
Façado by g.
 Hudson River Parkを南下し、Chelsea Marketを過ぎGreenwich Villageの外れを歩いてると、異様な雰囲気を放つFaçadoに目を奪われた。狭い路地にある、限られたスペースに独自の空間を作っている。

 コンクリートとガラス、そしてパネルの縦に伸びた無数の長方形と、空に伸びるような建物との協調性。その中心に、2階から屋上までをつなぐ鉄板がFaçadoに力強さを与えている。
e0101055_23564561.jpg

 正面から見ると、その力強さに圧倒されそうになる。これだけ都市の人口密度が高いと建物内部への採光すらままならない。まして、この建物が真西を向いている事を考えれば、限られた時間しか心地の良い太陽の光を味わえないだろう。
e0101055_2357438.jpg

 だが、平面的になりがちなFaçadoにおいて、あえて20cm~30cmほど鉄板部分を張り出させることにより、西日を柔らかく内部に取り込めそうだ。また、大きな鉄板は道路に面した内部のプライバシーを適度に遮ってくれる。
e0101055_23573140.jpg

 道路に面している一階部分は、コンクリートがむき出しになっている。腐食していく硬い鉄板とは裏腹に、シャープな直線と滑らかな表面をもつコンクリート素材が建物に明瞭さを与えている。コンクリートの表面は、型枠を取り外した後に研磨されているようだった。
e0101055_23574952.jpg

 まるで、一つの芸術作品がそこにあるように周りの建物とは一線を画した異質なFaçado。正面からガレージが写るように撮らなかったのが心残りだが、建物が内部空間や時間を包み込む容器であるとすれば、この建物内部にはその役割を全うするには十分すぎるような印象を受けた。
e0101055_23581352.jpg

[PR]
by newyork_info | 2006-10-31 00:44 | Greenwich Village