カテゴリ:WTC( 2 )
FDNY by g.
WTC跡地の南側に位置する消防署の看板です。

跡地周辺の再開発もずいぶんと進み、本体の基礎工事も始まりました。
工事の騒音を横目に、消防署前には記念写真を撮ろうとする人だかりが出来ていました。

FDNY:単純な金属加工のデザインです。消防署のイメージを変えてくれるような気分になります。また、素材の力強さや堅牢さ、繊細さも表現されている感じを受けます。
e0101055_11414146.jpg

接写してみました。
e0101055_11412926.jpg

[PR]
by newyork_info | 2007-03-12 11:47 | WTC
7 World Trade Center by g.
 2001年9月11日、2機の飛行機が摩天楼の象徴とも言えるTwin Towerに衝突した。そのTwin Towerを除き、一番大きな被害を受けたのが7 WTCだ。2006年5月、7 WTCは復興・再建作業を経て、新しく生まれ変わった。

 Façadeには、愛国心を象徴するかのようなメッセージが、右から左へとLEDを媒体として流れて行く。5年以上経過した今も癒えることのない、人々の心に刻まれたテロリズムへ恐怖。そして、その犠牲になった人々の奪われた命や心を忘れはしないという気持ちが伝わって来る。
e0101055_1212576.jpg


 皮肉にも、テロによる被害によって新しく生まれ変わった7 WTCだが、摩天楼に囲まれたEntrance前の限られた空間は南側にWTC Sightを望む場所に、彫刻を中心として噴水が設置されている。独特の光を放つ建物内部から柔らかな青さをたたえた天井。そして、屋外に漏れる青い光をうける地面。そこに、彩りを加える紅葉した樹木と照明。その中心に広がる円形にかたどられた空間が平和を願うかのようだった。
e0101055_122472.jpg


 青く照らされた天井部分。色調を柔らかくする白いすりガラスと消費電力の少ないLEDを組み合わせてあるとおもわれる。秋も深まった肌寒い夜にこの青さに、何ともいえない寂寥感を覚える。高くそびえ立つ高層建築において注ぎ込まれる技術力の高さや、人々の情熱とは裏腹な印象をうける。
e0101055_122189.jpg


 接写を試みる。その印象や背景とは別にきめ細やかに並べられた重なるガラスパネルには、とても魅力を感じる。建物の規模は違えども、ガラスの持つ明白な意思表示は店舗など商業建築に適している。出来る限りシンプルな素材で、可能な限りの表現をする。Façadeには、こういった事も求められるのだ。
e0101055_1223653.jpg


 
[PR]
by newyork_info | 2006-11-14 02:10 | WTC